ドリームにこそバリューがある 〜 デザインマインド経営考 〜

||||| 林田浩一事務所 【デザイン】×【ビジネスモデル】支援 |||||

★ 中小企業・ベンチャー企業にこそ必須の【企業の魅力=独自性×表現力】は、デザイン思考/デザイン経営から
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | このエントリーを含むはてなブックマーク

CEATECを見てきた 〜 モノやら見せ方やら 〜
JUGEMテーマ:ビジネス
 

年に一度の国内でも最大級(?)のIT&エレクトロニクスの総合展示会『CEATEC JAPAN 2010』へ出掛けてきました。

どうも自分の意識の中に『幕張メッセは遠いよなぁ』というのがあるせいか、毎回行っている訳ではありませんが、今回は色々と新しいものが見れそうな感じもあったので、意を決して出掛けてきたのでした。



続きを読む >>

| 気になるデザイン・モノ・コト・ビジネス | 19:38 | comments(0) | trackbacks(0) | | このエントリーを含むはてなブックマーク

3Dテレビって魅力的なんでしょうか 〜 3Dはテレビの付加価値? 〜
JUGEMテーマ:ビジネス
 

最近CFでも、家電量販店のテレビ売り場でも3Dテレビが眼につきます。眼にはつくのだけれど、そんなに本当に盛り上がっているのかと個人的には疑問に感じていました。自分自身は3Dどころか、そもそも「地デジ対策」すらまだやっていないですし(笑)。。テレビを観る時間も以前より減っているなぁ、と感じているせいかテレビの買い換えはどうも「買い物リスト」での順番が下がりがちです。



続きを読む >>

| 気になるデザイン・モノ・コト・ビジネス | 15:34 | comments(0) | trackbacks(0) | | このエントリーを含むはてなブックマーク

何か色々と時代が一コマ動き出したようです。           〜 iPadという新しい窓を触りつつ・・・ 〜
JUGEMテーマ:ビジネス
 

iPad、ソーシャルメディア、VWによるジウジアーロ買収、トヨタ自動車とテスラモーターズの提携、オーダーメイド的もの作り。。

ここ最近のニュースやワタシの廻りで気になることなど、何だかバラバラのものを挙げましたが、どうやら時代が少し歩幅を拡げながら動き出しているように感じます。

ひょんなことから発売日当日にiPadを触らせてもらう機会があったからではないけれど、そろそろ各方面で『何か』始まる感じがあります。


続きを読む >>

| 気になるデザイン・モノ・コト・ビジネス | 13:35 | comments(3) | trackbacks(0) | | このエントリーを含むはてなブックマーク

「コンセプト」→「カタチ」 そのつながり具合 〜 ソニーの新しいデジカメ:NEXを見ながら、意外と解り難い商品かもしれないと思った件など 〜 
 
JUGEMテーマ:ビジネス


ワタシが 『Twitter後』 になって半年弱、前回のエントリーで書いたのように、検索やRSSからよりソーシャルメディアからの情報を得ることが多くなったと感じます。

先週はソニーから新しいデジタルカメラ、「NEX-5」「NEX-3」という2つのモデルが発売というニュースに反応。 このニュースもTwitter のタイムライン上で、@tetsu_sawamura (澤村)さんのツイートに教えられ知ったのでした。(澤村さんは「デジカメWatch」などで記事を書かれている方)


この新しいNEXシリーズのカメラ、デザインの面でもガジェットとしての個人的な興味からも現物を見てみたいと思い、打合せに出かける際に寄り道して銀座のソニービルへと出掛けてきました。

手に取って操作してみつつ色々と観察していると、、面白いと同時に少しの違和感も感じたのでした。


続きを読む >>

| 気になるデザイン・モノ・コト・ビジネス | 19:18 | comments(0) | trackbacks(0) | | このエントリーを含むはてなブックマーク

「電子書籍の衝撃」 初体験プロダクトとしての電子ブックは?
JUGEMテーマ:ビジネス
 

前のエントリー
では『電子書籍の衝撃』を読んでいて、これは出版業界だけの話ではないなと考えたことを書き出してみました。

が、記事をアップした後、新しいプロダクトとしての電子ブックの初体験について書くのを忘れていたことに気が付きました。( 最初は、そっち主目的で、110円ダウンロード騒ぎに参戦したのデシタ。。) という訳で今回は、自分用のメモも兼ねてインプレッションを書いておこうと思います。


結論として感じたのは、ユーザー・エクスペリエンスとしての “衝撃” 度合いは、現時点ではそれ程ではないというのが正直なところです。特に今回のワタシのようにPCで読むと、仕事の書類を読んでいる感じになってしまって、気分的には「まるでダメ」。

しかしその分「これから」にワクワクします。ビューアソフトの使い勝手も最適なデバイスの模索も始まったばかりで、利用経験としての 『電子ブックならでは』 という魅力創りやその訴求へ向けて、これからどんどん変わっていくであろうという期待が膨らむから。

同時に、現在の(紙の)本という形態も、時間を掛けて出来上がってきた分、良くできているなぁと改めて思ったり。

だからこそ、今後へのアドバンテージをどんどん蓄積していくという面で、今回のディスカヴァー社のように 『まず先に走り出す』ということの意味は大きいと感じます。

『電子書籍の衝撃』というタイトル、110円ダウンロードキャンペーンの企画、その企画の伝え方、キャンぺーン中の諸々の騒ぎ、ビューアの使い勝手への感想、、、練られた戦略とそれに対する反応などから、今回ディスカヴァー社は「これから」への色々多くのデータ取りができたであろうと思われます。


ワタシも前回のエントリーをTwitter上で様々な方がRTしていただいたことで、色々と貴重な体験をしました。(と思っていたら、既に境治(@sakaiosamu)氏がご自身のブログ『クリエイティブビジネス論』で今回の一連の情報伝搬について判りやすく図解していましたので、そのまま採用します。→こちら


続きを読む >>

| 気になるデザイン・モノ・コト・ビジネス | 11:48 | comments(0) | trackbacks(0) | | このエントリーを含むはてなブックマーク

触れる×応える  〜 タッチセンサー進化への期待 〜 (GADGET)
JUGEMテーマ:ビジネス



アメリカではアップルのiPadが発売となり、いよいよ新しいプロダクトと周辺サービスが動き出します。amazonのKindleを見た時にはさほど大きな興味も惹かれなかったのですが、iPadは関連ビジネスも含めて、新しいことが始まりそうな感じはあります。

この分野でも、iPodのときのような一人勝ちビジネスをアップルが構築できるのか、それとも好敵手となり得るような競合のプロダクト&サービスが出現するのか、という興味もあります。誰かが独占している市場は、我々にとっては必ずしも幸せとは言えませんしね。


でもワタシ個人で言えば恐らくしばらくは購入しないと思います。iPhoneもまだ手を出しかねていますし。。


続きを読む >>

| 気になるデザイン・モノ・コト・ビジネス | 00:27 | comments(0) | trackbacks(0) | | このエントリーを含むはてなブックマーク

合い言葉のチカラ
JUGEMテーマ:ビジネス


「かっこ悪くなったら、やめるからね」

数日前に発表されたホンダのCR-Z開発チームの合い言葉だったそうです。

まぁ、ホンダには昔CR-X という今回のCR-Zからハイブリッド部分を除いたようなクルマもあったし、CR-Zも随分前のモーターショーの時から 「コンセプトカー」 と称して、市場の動向を探りながら作り込んできているので、「開発やめるかも」とは関係者は本気で思ったことは無いのでしょうが、クルマのようにチームでの製品開発を進める現場では、ひとりひとりの作り手の目線を合わせ奮い立たせるには、なかなか良いコトバだなぁと思いました。

こういった場合良くあるのは、マツダが初代ロードスターで 「人馬一体」 という言葉を用いたように、クルマのコンセプトを表す言葉を使うことが多いように思うのですが、ホンダの場合「チームの気構え」みたいなものを合い言葉にしているところは少し面白いです。(プロモーション的に前面に出しているというのはあるのでしょうけれど)


続きを読む >>

| 気になるデザイン・モノ・コト・ビジネス | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) | | このエントリーを含むはてなブックマーク

「MICHELIN Store」 を覗いてみて : お客様はどんな人?


JUGEMテーマ:ビジネス



いまや大抵のモノは、ネットで購入できるようになりました。

買うものが既に決まっている場合、入手できる店をピンポイントで探せるので便利です。
自分自身の生活で考えても、まずはネットで探すという行動が身についてしまいました。

本などはその典型です。「何かないか」と思う際には、色々な本屋さんを巡りますが、入手したい本が決まっている場合はAMAZONへ直行です。 (最近はAMAZONの取り扱い品目がどんどん増えてきているので、家電やデジタル関連の小物なども同じような行動パターンとなりつつありますね。)


自動車関連プロダクトのビジネスでは、これまではネットはプロモーションが主体でしたが、こちらもどんどんメーカーとエンドユーザーの距離が縮めつつあります。

ただクルマ関連の商品は、取り付けや調整などプロによる作業が関わるものも多く、メーカーが直接ショッピングサイトを通じて販売したらお仕舞いとはいかないという面が、他の商品とは異なる部分です。


そんな中11月24日より、ミシュランタイヤが「ネット販売」を始めました。
公式サイトは 「MICHELIN Store」 。 ミシュランは世界のタイヤ市場で大きなシェアを持つメーカーですが、日本国内ではブリヂストン(BS)やヨコハマの様に直営、あるいは系列販売店を持ちません。

タイヤという商品は、クルマごとにサイズが異なるので、ミシュランにとっては店頭でスペースを確保するのが難しいとか、ユーザーの声を吸上げにくいとか、何とかしたいところがあったのでしょう。加えてこのところの不景気気分で、クルマは走らない、タイヤは減らない、、、となると尚更ですね。

(ちなみにワタシの場合も、ミシュランのタイヤは個人的にフィーリングが好きなものがあり使用していますが、購入・取付けはBSの看板のお店です。)






今回の 「MICHELIN Store」 は、メーカーが直接エンドユーザーへ売るだけでなく、指定のタイヤ販売店での取り付けとセットになっているところがミソです。


指定装着店舗は、ちらっとサイトを覗いた感じでは、当然のことながら 「タイヤ館やコックピット(BS系)」「グランドスラム(ヨコハマ系)」といった、競合タイヤメーカーのところではなく、街のタイヤ屋さんや輸入車のパーツ/アクセサリー・ショップなどを取り込もうとしています。

メーカーは直接エンドユーザーを捕まえ、ブランド力の弱いタイヤ販売店は在庫リスクなくユーザー獲得と手数料(作業工賃)を得る、という図式なのでしょう。
でも、 「MICHELIN Store」 を利用する(或いは、 「MICHELIN Store」 がターゲットとしている)ユーザー像が、何となくぼやけて感じます。


そんな事を考えつつ、 「MICHELIN Store」 サイトを触ってみました。
クルマからでも、タイヤ銘柄・サイズ指定からでも選べるのは便利。

今回ワタシは、自分のクルマを入力し、現在使っているの同じ 「PRIMACY HP」 を選ぶと、価格は26,570円(税込)/1本、在庫もあるようです。
試しにその先へ進んでいくと会員登録しなきゃいけないようです。

ワタシのお試しは、とりあえずここまででしたが、雰囲気的にはターゲットユーザーとしては、それ程マニアではない人、カーディーラー以外の店舗に何となく行き難い、装着店舗も含めワンストップで夜中でも買い物できる、、、といったところに魅力を感じる人たちでしょうか。

同じタイヤを価格.comで検索すると、¥17,780〜¥21,690 。
これからするとメーカー直販だからといって価格訴求している訳でなく、オートバックスの様なカー用品量販店あたりの価格と、 「MICHELIN Store」 の価格が似たような感じなのではと思われます(見積もりは取っていませんが)。


「MICHELIN Store」と同じ事を、オートバックスの様なカー用品量販店が様々なタイヤブランドで始めたら・・・

う〜ん、やはりユーザー像がはっきりしません。 
「MICHELIN Store」でしか買えないものって何でしょう。 (数年ごとにしか買い物しないものを買うのに「会員登録」が必要と言われるのも、ねぇ。)


しばらく観察してみましょう。





林田 浩一




===============================

中小企業が顧客からの存在感と付加価値を高めるための、
戦略的な商品開発をお手伝いしています。

新規事業開発、商品戦略や商品開発、デザイン活用の支援、デザイン診断、
企業の創造力強化のための人材教育、デザイナーとの付き合い方まで、
ご質問やご相談を受け付け中です。


◆ドリームゲートでの相談 → 無料インターネット相談
 【 主にこれから起業する方向け:メール相談は無料ですが、
   商品開発やデザイン開発の疑問や不安に真剣に回答します。】

◆各種お問い合わせやご依頼など
 【 御社の商品開発や創造性開発のお手伝いをいたします! 】
→ koichihayashida.office※gmail.com
  アドレスの※を@へ書き変えて送信ください。

===============================




| 気になるデザイン・モノ・コト・ビジネス | 17:25 | comments(0) | trackbacks(0) | | このエントリーを含むはてなブックマーク


= PROFILE =




Koichi Hayashida

バナーを作成

= CATEGORIES =


= SELECTED ENTRIES =

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

= LINKS =
= RECENT COMMENTS =
  • アイデアの素はヒト起点から 〜 商品開発セミナーも後半戦 〜
    ハヤシダ (10/02)
  • アイデアの素はヒト起点から 〜 商品開発セミナーも後半戦 〜
    宇都宮茂 (10/02)
  • amazonではまだ足りない
    林田浩一 (08/16)
  • amazonではまだ足りない
    宇都宮茂 (08/16)
  • USTREAM番組で中小企業とデザインの話しなどをしてきました。
    宇都宮茂 (05/15)
  • 顧客経験から考えるとビジネスも変わる
    林田浩一 (02/18)
  • 顧客経験から考えるとビジネスも変わる
    宇都宮茂 (02/17)
  • 中小企業が最終プロダクトをもつことは社内も活性化させる
    宇都宮茂 (12/04)
  • デザインの範囲はじわじわと、でも確実に拡大中          〜 デザインは経営者にとって『人ごと』な場合ではありません 〜
    林田 浩一 (11/08)
  • デザインの範囲はじわじわと、でも確実に拡大中          〜 デザインは経営者にとって『人ごと』な場合ではありません 〜
    宇都宮茂 (11/08)
= ARCHIVES =
= MOBILE =
qrcode

= OTHERS =

経営コンサルタント探しの「経営堂」


にほんブログ村 経営ブログへ にほんブログ村 デザインブログへ


= SPONSORED LINKS =
Ferretアクセス解析 Ferretアクセス解析
このページの先頭へ