ドリームにこそバリューがある 〜 デザインマインド経営考 〜

||||| 林田浩一事務所 【デザイン】×【ビジネスモデル】支援 |||||

★ 中小企業・ベンチャー企業にこそ必須の【企業の魅力=独自性×表現力】は、デザイン思考/デザイン経営から
スポンサーサイト
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

| - | | - | - | | このエントリーを含むはてなブックマーク

新しいモノづくりの仕組みへの動きを感じつつ
 JUGEMテーマ:ビジネス

アイティメディア社のウェブメディアであるMONOist/オートモーティブにて書かせていただいた記事が公開されています。

話しの中心は、まもなく量産が始まろうとしているダイハツのコンセプトカー「KOPEN」についてのインタビューですが、内容としては新しいモノづくりの仕組みについてです。

ソーシャルメディアを使う人が増えた時代になって、モノづくりということでも新たな動きがでてきています。商品開発においてもメーカー側が全てを作り上げるということだけでなく、ユーザーも参加できる何らかの「余白」を持たせるというのも一つの傾向です。

自動車産業ではそういった動きはまだ鈍い印象だったのが、KOPENで新しい取り組みをやろうと、ボデーパネル関連のデータを公開すると宣言したところに、今後の広がりの可能性を感じます。

といった感じの内容を考えつつ記事を書きました。よろしければご一読下さい。



↓【記事リンク】

●「KOPEN」はモノづくりの新しい仕組みのアイコンとなるのか(前編)



●「KOPEN」はモノづくりの新しい仕組みのアイコンとなるのか(後編)





※ブログをウェブサイトに統合いたしました。当面は新旧両ブログで更新いたしますが、新たなブログをよろしくお願いいたします。

  ●林田浩一事務所ウェブサイト

 ●ブログ新アドレス






| シゴト:経営資源としてのデザイン活用 / 商品開発 / 企画 | 20:10 | comments(0) | trackbacks(0) | | このエントリーを含むはてなブックマーク

アンディ・ウォーホルとBMWアート・カーがやってくる
 JUGEMテーマ:アート・デザイン

新しいブログの方での記事更新】

2014年2月1日から森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)で開催される「アンディ・ウォーホル展: 永遠の15分」の開催に合わせ、アンディ・ウォーホルが自ら絵筆を取り、自分ひとりの手でペインティングを施したBMW M1 Group 4 Racing Versionが、制作風景を記録した貴重な映像と共に六本木ヒルズにやって来るようです。




※ブログをウェブサイトに統合いたしました。当面は新旧両ブログで更新いたしますが、新たなブログをよろしくお願いいたします。

  ●林田浩一事務所ウェブサイト

 ●ブログ新アドレス




| つれづれ | 13:34 | comments(0) | trackbacks(0) | | このエントリーを含むはてなブックマーク

東京モーターショーのレビュー記事を寄稿いたしました。
 JUGEMテーマ:ビジネス


アイティメディア社の、エンジニア向けウェブメディア『MONOist』オートモーティブフォーラムにおきまして、東京モーターショー2013のレビュー記事を寄稿いたしました。よろしければご一読下さい。





※ブログをウェブサイトに統合いたしました。当面は新旧両ブログで更新いたしますが、新たなブログをよろしくお願いいたします。

  ●林田浩一事務所ウェブサイト

 ●ブログ新アドレス




| 【メディア取材記事/寄稿ほか】 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | | このエントリーを含むはてなブックマーク

ブログ移行のご案内
 JUGEMテーマ:ビジネス

このブログを新しい環境へ移行してくこととしました。

当面は移行期間として、現在のこのブログと両方へ投稿していきますが、ある程度新しい方に自分も馴染んだところで、新しいブログの方へ完全移行としていく予定です。その後もこのブログは削除することはありませんが、過去記事置き場としての機能となります。



今後ともよろしくお願いいたします。


| お知らせ | 13:13 | comments(0) | trackbacks(0) | | このエントリーを含むはてなブックマーク

東京モーターショー2013へ行ってきました。
 JUGEMテーマ:ビジネス


2年ごとに開催される東京モーターショーが、お台場の東京ビッグサイトで始まりました。今年のショーテーマは、「世界にまだない未来を競え。」“Compete! And shape a new future.”が掲げられています。


今回もアイティメディアのMONOistさんで記事を書かせていただくことから、ワタシは11月20日(水)のプレスデーの日に出掛けて来ました。



2013TMS01


続きを読む >>

| シゴト:デザイン/マーケーティングの断片 | 09:03 | comments(0) | trackbacks(0) | | このエントリーを含むはてなブックマーク

メイカーズブーム(?)と、つまらなくなった東急ハンズ、そしてDMS展へ
 JUGEMテーマ:ビジネス

随分と久しぶりの更新となりました。相変わらずデザインでモノづくりをしたり、中小企業がモノづくりでビジネスにしていくための事業作りをお手伝いしたりと、デザイン活用でビジネスにしていくというあたりで、色々な企業様と仕事をさせていただいている近況です。単発のプロ抱くデザイン開発みたいなデザインプロジェクトから、デザインを上手く使ってビジネスを繁盛させたいみたいな、中小企業の新規事業プロジェクトなども、お気軽にご相談くださいませ、と募集告知もしておきましょうかね。


さて、メイカーズ(MAKERS)ブーム(という程のブームなんだろうか?て気がしないでもないですが)の昨今、やたらと3Dプリンターに関する話題が、ごく普通のメディアでも取り上げられることが増えてきました。でも、こうしたメディアでの紹介を見る度に何だかモヤモヤとした違和感を感じ続けています。

続きを読む >>

| シゴト:経営資源としてのデザイン活用 / 商品開発 / 企画 | 12:56 | comments(0) | trackbacks(0) | | このエントリーを含むはてなブックマーク

今年も試行錯誤しながらも立ち止まらずに
 JUGEMテーマ:ビジネス

2013年も本格的にスタートしました。みなさま、本年もよろしくお願いいたします。

昨年も明るいニュースはあまりなかったのが正直なところですが、一方で色々な新たな動きが始まったことも感じた年でした。大きな企業も中小企業も、何らかの新たな扉を開くことを試みようとしていることで、少し動き始めたという感じでしょうか。

ワタシ自身の仕事は『何か新しいコトを起こそうとしている企業や人のお手伝い』であるので、そういった動きに連動して、デザイン開発そのものであったり、デザイン活用が核となる新規事業立ち上げや、商品開発であったりと、いくつか新しいプロジェクトに関わることが出来たのは、嬉しい限りです。


2013元旦
< 初日の出ならぬ、遠くに富士山な元旦の夕焼け空 >


続きを読む >>

| シゴト:経営資源としてのデザイン活用 / 商品開発 / 企画 | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | | このエントリーを含むはてなブックマーク

プロフィール補足:当事務所の仕事への考え方


経営革新=【価値創造×ビジネスモデル】×【ビジョン×デザイン】


◆「商品を創り出す力(価値創造の力)」と「ビジネスモデル」の2つの視点から考える

「モノやサービス(商品)が良ければ売れる」今はそういう時代ではなくなりました。消費やライフスタイルが成熟してきたということもあるでしょうし、商品も情報も、洪水のように溢れている中に埋もれてしまうということもあります。これは「B to C」ビジネスのみならず、「B to B」ビジネスにおいても同じです。

そのような環境の中では、「商品力」と「事業の仕組み(ビジネスモデル)」の掛け算が「ビジネス」であるともいえます。すなわち、どのようなものを商品として世の中に送り出すのかという「商品を創り出す力」と、その商品と顧客との関係性や伝え方・届け方をどうするのかという「ビジネスモデル」の両方を常に考えていく必要があります。


◆顧客に共感される「らしさ」が独自ポジションの素

モノでもサービスでも『商品』を開発していく上では、顧客(ユーザー)が起点になります。顧客にとっての意味ある価値を洞察する中から、コンセプトを組立てていきます。そこにビジョンや理念に基づく企業の行動を組合わすことで、顧客に対し選択時の基準(独自性)を提案することができます。

その「独自性」が顧客からの共感と支持を得られたとき「らしさ」となり、市場での独自ポジションの獲得へと繋がり、更に時を積み重ねる中でブランドとしての認知も得るのです。

市場とは結局のところ、お客様のアタマの中(知覚)にあるもの。
ある一定の市場ポジションを確保したければ、お客様がその商品を『選ぶ理由』を提供し、受け入れてもらわなければなりません。

ビジョンや戦略を、商品やマーケティング活動などの【行動】の形に可視化して、顧客と最適な形で繋ぐには、一貫性のある印象が重要です。そこではデザインを事業戦略上のツールとして使いこなすことも、中小企業であろうとも求められます。


新たな市場ポジションを得るために行動を起こそうとする中小企業の経営革新を、「らしさ」を軸においた【「商品づくり(価値創造)」×「事業の仕組みづくり」】の視点での新規事業開発や商品開発を通じてサポートいたします。


◆求める成果は、「直接成果」と「人づくり成果」

当事務所が関わらせていただくいずれのプロジェクトにおいても、売上や利益の向上、原価低減、効率化などの「直接成果」だけでなく、協働でプロジェクトを推進することからの気付きやマインドアップなどの「人づくり成果」も同時に狙っています。





◆ポリシー

・「絵に描いた餅」ではなく、「シンプル/判り易い/使い易い」により実行に移せる提案や、実行支援をいたします。
・「デザイン」や「ブランド」を使いこなす組織としての創造力を長期的に強化していくために、お客様との協業プロジェクトを基本的な進め方とします。
・企業理念やビジョンと目標との整合性を重視してプロジェクトを進めます。


※プロジェクトの内容に関わらず、経営者もしくはプロジェクト推進責任者の方が「丸投げ」の姿勢であると上手くいきません。

知識やノウハウは、お客様の組織に定着しなければ意味がありません。









| Profile | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) | | このエントリーを含むはてなブックマーク


= PROFILE =




Koichi Hayashida

バナーを作成

= CATEGORIES =


= SELECTED ENTRIES =

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< April 2014 >>

= LINKS =
= RECENT COMMENTS =
  • アイデアの素はヒト起点から 〜 商品開発セミナーも後半戦 〜
    ハヤシダ (10/02)
  • アイデアの素はヒト起点から 〜 商品開発セミナーも後半戦 〜
    宇都宮茂 (10/02)
  • amazonではまだ足りない
    林田浩一 (08/16)
  • amazonではまだ足りない
    宇都宮茂 (08/16)
  • USTREAM番組で中小企業とデザインの話しなどをしてきました。
    宇都宮茂 (05/15)
  • 顧客経験から考えるとビジネスも変わる
    林田浩一 (02/18)
  • 顧客経験から考えるとビジネスも変わる
    宇都宮茂 (02/17)
  • 中小企業が最終プロダクトをもつことは社内も活性化させる
    宇都宮茂 (12/04)
  • デザインの範囲はじわじわと、でも確実に拡大中          〜 デザインは経営者にとって『人ごと』な場合ではありません 〜
    林田 浩一 (11/08)
  • デザインの範囲はじわじわと、でも確実に拡大中          〜 デザインは経営者にとって『人ごと』な場合ではありません 〜
    宇都宮茂 (11/08)
= ARCHIVES =
= MOBILE =
qrcode

= OTHERS =

経営コンサルタント探しの「経営堂」


にほんブログ村 経営ブログへ にほんブログ村 デザインブログへ


= SPONSORED LINKS =
Ferretアクセス解析 Ferretアクセス解析
このページの先頭へ